オンラインショップ

マルヒャクの歴史

  • 江戸

    江戸時代、海苔の生産を許されていたのは江戸と広島の二箇所だけ。牡蠣と同様に海苔は広島の特産として知られていました。
    江戸時代中頃に海苔養殖が始まり、江戸後期には紙漉きのように海苔を薄く精製する「漉き海苔」が、西国で初めて広島でつくられるようになり、広島の海苔は大きな発展を見せました。

  • 明治

    明治時代には、庚午や宇品の開拓により、干潟から川筋での海苔養殖に移行。
    海田市村(現在の広島県安芸郡海田町)の瀬野川でも海苔養殖が盛んに行われました。

  • 明治18年

    明治18年創業
    國光百次郎がマルヒャクの商標で海苔問屋として創業。広島産の海苔を先駆けて大阪天満市場に持ち込み、広島の海苔商の礎を築きました。

  • 大正

    大正5~6年頃、國光誠一が、朝鮮で改良式の海苔の生産が開始されると、買付に参加。
    昭和2年入札制度制定により、朝鮮総督府認可商人として、朝鮮海苔の移入販売を展開。
    以来、昭和17年統制経済による営業中止まで、國光商店として、各国産乾海苔問屋および味付海苔製造販売に従事。

  • 昭和初期


    昭和初期の海田市駅前。
    写真右/マルヒャクの荷を積んだ運搬車。
    〜「海田町史」広島県安芸郡海田町発行 より〜

  • 戦前

    入札権を持つマルヒャクが海苔を買い付け、海苔商たちに売ることで、広島の海苔商を増やしていき、海苔業界の発展と拡大に尽力した時期。

  • 戦時中

    マルヒャクの瓶入り海苔が、海軍の指定商品に認定。

    戦時中、海軍御用商人として営んだ「呉乾物株式会社」の車体に“マルヒャク”の宣伝が入った三輪トラック。

    國光誠一が海苔配給統制組合理事長として、広島県一円で業務にあたる。

  • 昭和22年

    前身である広島県海苔荷受販売加工(株)を設立。
    二代目 國光誠一が社長に就任。

  • 昭和25年

    商号を広島海苔(株)に変更。
    本社を広島県安芸郡海田町稲荷町に、営業所を広島市南区的場町に置いた。

    昭和25年に建てられた広島市南区的場町営業所ビル。

  • 昭和31年

    海田市町・東海田町の両町が合併し、海田町に。
    二代目 國光誠一が初代 海田町長となる。

  • 昭和40年

    三代目 國光栄一が社長に就任。
    加工海苔の製造販売に力を入れた。

  • 昭和43年

    製造部門を分離し、(株)丸百本舗を設立。
    工場を広島県安芸郡海田町曽田に置いた。

  • 平成3年

    営業所を広島市西区商工センターに移転。

  • 平成4年

    國光治年が社長に就任。

  • 平成8年

    (株)丸百本舗の製造部門を吸収し、味付海苔の製造販売を開始。

  • 平成10年

    「かき醤油 味付のり」の誕生

  • 平成20年

    國光芳弘が社長に就任。

  • 平成21年

    國光邦子が会長に就任。

▲PAGE TOP